ほうれい線を消す化粧品ランキング

 

ほうれい線の原因はなに?

 

今回はほうれい線ができる原因について幾つかご紹介します。ほうれい線が起きる原因の中でもダントツで影響が大きいのが、顔がたるんでしまうということです。10代から20代前半頃までは多くの女性がお肌のハリを当然の如く思っているでしょうが、さらに年齢を重ねていくうちに、ハリが失われていくことを実感していくと思います。

 

けれどもそれも自然なことと諦めて何もケアをしないという方もいらっしゃいます。シワは顔の筋肉がたるむことにより表れますし、ほうれい線も同じです。中には骨格の歪みなどが原因となっているほうれい線もありますが、それは骨格手術を施すしかありません。

 

親がほうれい線が目立つ方であり、その親に骨格が似ているのであればあなたもほうれい線ができやすいということになります。ほうれい線ができる原因としてはタバコも挙げられます。喫煙者のお肌はいつでもビタミンC不足です。タバコを吸うことによって美肌に必要なビタミンCが破壊されますので、ほうれい線を予防する意味でも禁煙をしましょう。

 

タバコの件から分かるように、お肌の健康を損なう原因となるものはほうれい線の原因ともなります。寝不足や運動不足もほうれい線の原因になりますし、不規則な食生活や偏った食生活、暴飲暴食ももちろんほうれい線ができる原因になります。

 

寝不足や運動不足や食事に関する不摂生に心当たりがあるという方は、早めの改善を心がけて正しいスキンケアを心がけましょう。例えほうれい線ができてしまったとしても、解消・改善の努力を諦めなければ結果は自ずと出てきます。

 

化粧品とあわせてやりたいほうれい線解消マッサージ

 

顔にマッサージを施すことでほうれい線対策になるとも言われています。顔にマッサージをすることで得られるメリットは大きく、頬のたるみ抑制によるほうれい線対策だけでなく、お顔の血行改善やむくみといったトラブルも改善することが可能となるのです。

 

顔の血行が改善されればその他のお肌トラブルも改善されてくるので、ほうれい線対策もできて一石二鳥というわけです。また、血行が悪いとほうれい線の原因にも繋がりますのでエステに通うといいでしょう。けれどもエステでの施術は摩擦が生じますので、お肌へのダメージが起こるというデメリットがあります。

 

そのデメリットを少しでも軽減させるためにもマッサージクリームやジェルを塗ってからマッサージをしなければなりません。クリームやジェルを使わずにマッサージをしてしまうと、逆にほうれい線の原因にもなるので注意しなければなりません。

 

自宅で行えるマッサージについてご紹介します。山などで「ヤッホー」と叫ぶ時に、両手を口の横にあてますよね。手をその形にします。顎下に親指が、人差し指は口の周りにできるほうれい線に沿うようにあてるのがポイントです。

 

ヤッホーの形から人差し指を顔の外側に向かって伸ばすように移動させましょう。顔面の端についたらそこからこめかみ方向へさらに圧迫しながら移動させて、顔の血行を促すように刺激しましょう。

 

顔のマッサージをするにあたって重要となるのは、リンパを刺激して血行を促進させるということです。血行が比較的良くなる入浴タイムにマッサージをするのも効果がアップしますのでオススメですよ。

更新情報・お知らせ

(2015/05/14)
ほうれい線に効く体操のやり方を更新しました